らいらっく調剤薬局の
特長・取り組み

一包化調剤を実施

お薬の飲み忘れ・飲み残しを防ぐため、一包化調剤を実施しています。
薬の数が多い方や錠剤等をシートから取り出すのが困難な方などの飲み間違いや飲み忘れを防止するために、朝食後、昼食後、夕食後で色分けをしたりして、薬を一回分ずつに分けて袋に入れてお渡しします。
医師の了解が必要なので、まずは病院で医師にご相談ください。

一包化調剤
朝・昼・晩で色を分けてわかりやすくしました。
お名前や何の薬か、どこの医院からかなども、わかりやすく表示いたします。
一包化調剤
一回分ずつのお薬を見やすい透明袋に分けてお渡しいたします。

在宅療養中の方、認知症の方へのサポート

認知症ではないかと、不安を抱えている方は、お気軽にご相談ください。
簡単なチェックシートをご準備しております。

自宅で使用済み「注射針」の回収

お薬のご相談を承ります

ご自宅で療養や介護生活を送る方、またそのご家族から、「お薬」や「健康」についてのご相談を承ります。
また当薬局は、仙台市泉区加茂中学校区の認知症相談窓口として、認知症の方やご家族の暮らしやお薬についてのお悩み・ご相談にお応えしています。

お薬手帳携帯の勧め

お薬手帳携帯の勧め

災害や緊急時に役立てることができますので、
常に持ち歩く習慣をつけて頂くことをお勧めします。

おくすり手帳はあなたに処方された薬の名前や飲む量、回数などを記録するための手帳です。
この記録がありますと医師・歯科医師・薬剤師が、副作用、薬の重複、飲み合わせの確認に役に立ちます。
処方箋といっしょに薬局にお渡しください。

災害や振興感染症の発生時等における対応

都道府県等から医薬品の供給等について協力の要請があった場合は、地域の関係機関と連携し、必要な対応を行います

ページトップへ